葉酸サプリを妊活に取り入れよう!【自分自身の体のケアが大切】

子供の性別

妊婦

性別を決めるには

子供を作る際に気になるのが性別です。古くは男子が生まれなければ家の存続に関わることでしたが、近年は女の子が欲しいといった夫婦も増えています。古くからこれら子供の性別というのは重要なもので、そのため経験則としてさまざまな産み分けの仕方が存在しています。性別の決定は精子が有している染色体で決定します。卵子はX染色体ですが精子はX染色体かY染色体のどちらかを有している、Y染色体の精子が卵子に受精するとXY染色体となり男子が生まれます。一方でX染色体の精子であればXX染色体となり女子が生まれます。つまり精子が有する染色体によって性別が決定します。現在わかっている事としてはX染色体を有する精子は酸性に強い傾向にあります。また寿命が2〜3日と長いものの動きが遅いものです。またY染色体よりも数が少ないものです。一方でY染色体は逆にアルカリ性に強いものの寿命が1日しかなく動きが早いといった特徴があります。これらを踏まえた産み分けのひとつとして膣内のpHの状態に合わせて行う方法で、排卵日は酸性度がもっとも弱くY染色体精子が動きやすくなるので男子が生まれやすいとされます。逆に排卵日を空けると酸性度が強くなるためX染色体精子が動きやすくなるので女子が生まれやすくなると言われます。ただしこの産み分けはあくまでも卵子に到達する精子の活動の差を利用したもので、100%の方法ではありません。自然妊娠では産み分けは確実な方法はありませんが、膣内のpHによってある程度の期待ができます。

Copyright© 2018 葉酸サプリを妊活に取り入れよう!【自分自身の体のケアが大切】 All Rights Reserved.